1ヶ月ダイエット中の外食攻略法

  1. トップページ
  2. 1ヶ月ダイエット【食事編】
  3. 外食がダイエットに悪い理由

太る原因が多い外食について

忙しいとついついお世話になる外食。しかし、ファミレスやファーストフード、コンビニの食事には太る原因がいっぱい。1ヶ月ダイエットでは外食の攻略が不可欠です。外食が太る理由を詳しく見ていきましょう。

ボリュームが多い

外食はボリュームが多めです。特に多いのが炭水化物。麺やパスタ、ご飯などは消化がよく、お腹持ちのよい食品です。炭水化物は体内で糖分に変化します。

そのため、炭水化物(糖分)ををたくさん食べるとインシュリンが分泌され、脳が満腹感を得やすくなります。糖分はすぐにエネルギーに変わりますが、同時に脂肪として体に蓄えられやすい特徴があります。

ファミレスのお皿に盛られたパスタや、お弁当の容器に入ったご飯の量は意外と多いのです。更に、麺やご飯の上に油がたっぷり使われたソースや揚げ物が乗っていれば、さらなるカロリーアップは避けられません。

1ヶ月ダイエット中は、食事全体の量を見直しながら、すこしずつ減らすことがポイントです。「お腹いっぱい食べる」から「少し残す」「少なく注文する」という工夫をしましょう。

糖分と油分が多い

糖分と油分は人間が好むおいしさの源です。肉の脂身、揚げ物の油などがこってりしているのはもちろんのこと、外食ではおいしさを出すために、バターやサラダ油、クリームを多く使用した調理がされています。

油分の多い食事は喉通りもよく、ふんわりしていておいしいのでついつい食べ過ぎてしまいがち。でも、トマトソースやホワイトソースなどのソース類にも、意外とたっぷりの油が含まれているので要注意です。

また、スイーツやお菓子に含まれている糖分にも注意が必要です。アイスクリームやケーキ、パイなどはもちろん、果物がふんだんに入ったパフェなども意外と高カロリー。アンパンやクリームパンなどの菓子パン類は、パンの炭水化物分+糖分が組合わさっているので、1個で600kcalを超えるものもあるなど、ハイカロリー食品群です。

糖分は炭水化物と同様、素早く吸収されてエネルギー源になりますが、余剰だと脂肪になります。脂質は1gあたり9kcalとカロリーが高く、体内に脂肪として蓄積していきます。

外食では、どうしてもおいしさやボリューム感を出すために糖分や炭水化物が多くなってしまう事実があります。忙しく自炊ができない時に助かるファミレスやコンビニ、ファーストフードですが、食べ方に注意してダイエットを成功させたいですね。

食べ過ぎる「糖分」と「脂肪」の怖い事実

関連記事

酵素ドリンクのレビュー

ベルタ酵素

口コミで大人気!165種類の野菜や果物と、3大美容成分配合の実力を体験!

酵水素328選

他社を圧倒する328種類という豊富な原料。さらに水素水まで!その効果を検証!

お嬢様酵素

コスパ抜群と評判のお嬢様酵素は、見た目以上に本格派!その効果ははたして?

酵素ドリンクの体験談一覧へ

置き換え用ドリンク体験談

美容液ダイエットシェイク

味、効果、栄養、価格のバランスが最高!どれにするか迷っているならこれを!

マイクロダイエット

値段は高いけど品質は間違いなし!コストよりも栄養面を重視するならコレで決まり!

置き換えダイエットドリンクの体験談一覧へ

サプリメント体験談

シボヘール

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品として届出しているダイエットサプリ!

カロリストンPRO

脂質と糖質の吸収を抑えながら、脂肪燃焼を促す成分を配合した本格サプリ!