低カロリー食品のダイエットへの活かし方

  1. トップページ
  2. 1ヶ月ダイエット【食事編】
  3. ノンカロリー食品を正しく活用しよう

低カロリー食品を味方につける

ダイエット中、どうしても口寂しくなってしまう時に活用したいのが「低カロリー食品」。これらの食品を食べれば、基本的には全体のカロリー摂取量を減らすことが出来ます。

しかし気になるのがカロリー表示の「ノンカロリー」「カロリーオフ」といった内容。これらの食品やドリンクは、本当に食べ過ぎても太らないのでしょうか?

「カロリーゼロ」は本当?

最近人気の「ゼロカロリー飲料」や「ノンカロリー商品」。これには法律で定められている栄養表示基準が適応されています。

カロリーゼロ(無し・ノン・レスなどの表示)

  • 100ml(g)あたり5kcal未満
  • 糖分なら100g(ml)あたり0.5g未満

現在は、食品でも飲料でも、100ml(g)あたりのカロリーが5kcal未満のものは「カロリーゼロ」「ノンカロリー」といった表示が許されています。普通の食品や飲料と比べて圧倒的に低くはあるものの、全くの0kcalではない、という点を覚えておきましょう。

「カロリーオフ」のカロリーはどれくらい?

では「カロリーオフ」「カロリー控えめ」といった表示についてはどうでしょうか。

カロリーオフ(控えめ・小・ライト・オフ・ダイエットなどの表示)

  • 100mlあたり20kcal未満
  • 100gあたり40kcal未満
  • 糖分なら100g(ml)あたり2.5g未満

カロリーオフとは「100mlあたり20kcal未満の食品・飲料」のことを指します。比較的低カロリーな食品なので、積極的にダイエットに取り入れていくとよいでしょう。

食品のカロリーを見比べたり、栄養成分を考えたりしながら、バランスよく取り入れたいですね。

いくら低いからといって食べ過ぎには注意!

これら低カロリー食品は、ダイエット中の食品選びを楽にしてくれる優秀アイテムです。アルコールの代わりにビール風のノンカロリー飲料を飲んだり、おやつ代わりにカロリーオフのグミを食べれば、ダイエットのストレスを減らせます。

しかし、たくさん食べればそれなりのカロリーになってしまいます。特に飲料系は500ml、800mlとあっという間に飲めてしまうので要注意。「カロリーオフだから」と安心すると、かえってダイエットの妨げになることも考えられます。「ノンカロリー」「カロリーオフ」の意味を正しく知って、ダイエットに生かしましょう。

関連記事

酵素ドリンクのレビュー

ベルタ酵素

口コミで大人気!165種類の野菜や果物と、3大美容成分配合の実力を体験!

酵水素328選

他社を圧倒する328種類という豊富な原料。さらに水素水まで!その効果を検証!

お嬢様酵素

コスパ抜群と評判のお嬢様酵素は、見た目以上に本格派!その効果ははたして?

酵素ドリンクの体験談一覧へ

置き換え用ドリンク体験談

美容液ダイエットシェイク

味、効果、栄養、価格のバランスが最高!どれにするか迷っているならこれを!

マイクロダイエット

値段は高いけど品質は間違いなし!コストよりも栄養面を重視するならコレで決まり!

置き換えダイエットドリンクの体験談一覧へ

サプリメント体験談

シボヘール

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品として届出しているダイエットサプリ!

カロリストンPRO

脂質と糖質の吸収を抑えながら、脂肪燃焼を促す成分を配合した本格サプリ!