失敗しやすい4つの事例を紹介

  1. トップページ
  2. 1ヶ月ダイエット【リバウンド対策】
  3. 危険!リバウンドにつながるNG行動

かつてこんなダイエット、していませんでしたか?

ダイエットで怖いリバウンド。何度かのダイエットで「失敗した!」「もう二度としたくない」という経験を持つ人も多いと思います。

これを何度も繰り返さないためにも、今一度「リバウンドにつながるNG行動」を振り返ってみましょう。

1、「夜中にお腹がすいてどうしても甘いモノを食べた!」

ダイエット中はカロリー摂取を控えているので、「お腹がすいた」という気持ちになりやすいもの。特に、カロリーとともに食事量を減らしていると飢餓感を感じやすくなります。

夜中の食事は特にリバウンドにつながりやすいので要注意。夜、どうしてもお腹が空いた時はリンゴとヨーグルトなど、できるだけ脂肪分が少ないものを摂るようにしましょう。

2、「目標体重に達したので、食事やお酒を元通りにした!」

よくあるリバウンドの原因の1つが「目標体重に達したので、完全に元の食事に戻した」というものです。カロリー制限をしていた体は、その状態に慣れているため、基礎代謝も低くなっています。ここで通常通りのカロリーが入ってくると一気に脂肪となって貯えられるのです。

目標体重に達しても、いきなり食事を元に戻さずに、カロリーを上手にコントロールして、基礎代謝に合った食べ方をしていきましょう。

3、「1日1食だけで、1ヶ月で-10kgを達成した!」

過度の食事制限で、“短期間に” “大幅に”体重を減らすと、ホメオスタシスの働きが強くなります。脳は「飢餓状態に近い」と判断すると、少ないカロリーも脂肪として貯えるように指示を出します。この結果、かえってリバウンドしやすい体質になってしまうのです。

「食事を抜く」「短期間に急激に体重を減らす」はリバウンド以外にも、肌荒れや体調不良の原因になります。NGな方法としてしっかり覚えておきましょう。

4、「運動が嫌いなのでカロリー制限だけでダイエットした!」

運動をしないと、どうしてもリバウンドしやすくなります。食事を減らすことで、不足している栄養を筋肉を分解するというカタチで補おうとします。その結果、基礎代謝がダウン。さらに、その上リバウンドすると、筋肉が減っている上、脂肪だけが増えてしまうのです。

筋肉は代謝、血流、体温アップ、見た目のスタイルなどに大きく影響します。食事制限だけでダイエットするとリバウンドした時に見た目も悪くなりやすいので、注意が必要です。しっかりたんぱく質を摂り、有酸素運動やストレッチでキレイに痩せたいですね。

ダイエット中、身体のホメオスタシスに逆らうとかえって太りやすくなります。「早く痩せたい」とばかりに結果を焦るとリバウンドにつながりかねません。健康的に痩せるためにも、NG習慣を改めて、良い1ヶ月ダイエットを行いたいですね。

関連記事

酵素ドリンクのレビュー

ベルタ酵素

口コミで大人気!165種類の野菜や果物と、3大美容成分配合の実力を体験!

酵水素328選

他社を圧倒する328種類という豊富な原料。さらに水素水まで!その効果を検証!

お嬢様酵素

コスパ抜群と評判のお嬢様酵素は、見た目以上に本格派!その効果ははたして?

酵素ドリンクの体験談一覧へ

置き換え用ドリンク体験談

美容液ダイエットシェイク

味、効果、栄養、価格のバランスが最高!どれにするか迷っているならこれを!

マイクロダイエット

値段は高いけど品質は間違いなし!コストよりも栄養面を重視するならコレで決まり!

置き換えダイエットドリンクの体験談一覧へ

サプリメント体験談

シボヘール

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品として届出しているダイエットサプリ!

カロリストンPRO

脂質と糖質の吸収を抑えながら、脂肪燃焼を促す成分を配合した本格サプリ!